ちくびのぶつぶつモントゴメリーについて

バストにコンプレックスを抱いている女性は多いもの。その大きさに悩んでいるのかと思いきや、中でも意外とよく聞くのが、「乳輪」に関する悩み。「乳輪が500円玉よりデカい」「黒ずんでいてみっともない」「なんかブツブツがいっぱいある」など、バストの美観を損なう乳輪について、疎ましく感じている女性は多いようです。
乳首、乳輪に出来るぶつぶつの原因は、モンゴメリー腺が関係しています。これは顔でいうニキビのようなものです。

 

なので徹底した油分、脂肪分、糖質排除した食事制限を行うことで乳首や乳輪は綺麗になっていきます。

 

そこで、欠かさず摂っていただきたい栄養素は、

 

?ビタミンA
?ビタミンE
?ビタミンC
?食物繊維
?オリゴ糖

 

の5つ。

 

ビタミンA

 

ぶつぶつが出来やすくなる、毛穴詰まりを防いでくれます。

 

多く含まれている食材は、レバー、うなぎ、緑黄色野菜です。(うなぎは最近の市場動向から手に入れにくくなりましたね。加熱したレバーや緑黄色野菜で補っていきましょう。)

 

 

ビタミンE

 

血液の循環を促し体内を錆びさせる活性酸素をやっつけてくれます。

 

ニンジン、カボチャ、ホウレンソウがオススメです。(という事は緑黄色野菜という事ですね。)

 

ビタミンC

 

コラーゲンを作り美肌効果を発揮してくれます。レモン、イチゴなどの果実類や芋類を摂りましょう。

 

尚、ビタミンCは体内に貯蔵する事が出来ません。毎日、適量を摂取しましょう。

 

食物繊維

 

美肌を邪魔する便秘対策にもってこいです。

 

ゴボウ、サツマイモ、豆類、海藻類などを摂りましょう。

 

オリゴ糖

 

しつこい便秘の解消に重宝されるものです。

 

腸の働きを活性化させてくれるビフィズス菌と合体して便秘の解消に働いてくれます。ヨーグルトを摂るときは一緒に摂りましょうね。

 

 

乳輪は基本的に色素の強い場所ですが、モントゴメリー腺を除去した場合、その部分だけ傷が白く抜けることがあります。

 

乳頭縮小術や乳輪縮小術と同時に行う場合にはデザインを工夫することでできるだけ目立たないようにすることができますが、モントゴメリー腺を単体で除去した場合にはやや目立つ傾向にあります。